免疫最大化(アイマックス)がん治療

   抗がん剤の他に放射線療法や免疫細胞療法をあわせた集学的治療

 
      免疫最大化がん治療    

抗がん剤治療と副作用のすべて

最新治療から副作用まで抗がん剤治療のすべてがわかるサイト

  スポンサードリンク
    
   
最新情報満載!がん治療・がん治療最新情報
 - contents -
  大腸  肝臓  食道  膵臓   
子宮体  子宮頸  前立腺  脳腫瘍  乳房  頭頸部 
胆道  腎臓  膀胱  卵巣  骨肉腫  甲状腺 
悪性リンパ腫  多発性骨髄腫  白血病     

    効くがんと効かないがん                  副作用の種類と対処法 
    治療が適応となる患者                  遺伝子検査と診断
    治療前に確認すべきこと                  化学療法の種類と特徴 
    抗がん剤の奏効率                  アルキル化剤 
    抗がん剤の効果判定                  代謝拮抗剤 
    副作用の種類と出現時期                  植物アルカロイド 
    臨床試験と標準治療                  抗がん性抗生物質 
    補助療法                  プラチナ製剤 
    多剤併用療法                 ホルモン剤 
    化学放射線療法                  分子標的治療薬 
    局所投与法                  化学療法の長所と問題点 
    減量抗がん剤療法                  支持療法 
    共存療法・休眠療法                  治療中の食事 
    免疫最大化がん治療                  これからの抗がん剤治療 
    がん幹細胞と化学療法                  化学療法Q 
    近藤理論(がん放置療法)                     
   末期でもあきらめない! 
世界が認めた抗ガン漢方薬! サンプル無料!


 

               
       

免疫最大化(アイマックス)がん治療とは

   

抗がん剤をあえて,少量に抑え,がんの消滅を目指すのではなく,腫瘍の長期不変で,抗がん剤副作用の軽減と長期延命を目指した,「がん休眠療法」を開発したのは,化学療法研究所部長の高橋豊医師です。



この方法では,副作用が強くでないように,血液中の白血球数や血小板の数に注意しながら,抗がん剤の量を減量し,長期にわたり,投与を継続していきます。

高橋豊医師はこの治療法をさらに進化させ,「免疫最大化(アイマックス)がん治療」として,完成させたのです。

現在,医療分野においては,集学的治療が様々な場面で行われるようになってきています。

集学的治療とは,複数の方法を駆使して,より高い効果をねらうというものです。



この「免疫最大化(アイマックス(Immune(免疫の) maximizing(最大化))がん治療」もそのような集学的治療の一つです。

標準治療では,抗がん剤の投与量を副作用に耐えうる限界量近くまで投与するため,骨髄抑制が起こり,そこでつくられる白血球の一部である免疫細胞もダメージを受けてしまいます。

ところが,高橋医師が開発したがん休眠療法では,抗がん剤が少量なので,免疫細胞の力を利用できます。

そこで,これまでの低用量抗がん剤に加え,がんに対する免疫細胞の一つである樹状細胞を利用した樹状細胞療法とピンポイント放射線療法(IMRT)を組み合わせることで,それぞれの長所を生かした方法が可能となり,その方法を相乗効果をねらったアイマックスがん治療として完成させたのです。



このアイマックスがん治療は,高橋豊医師と名古屋市立大学の芝本雄太医師とテラ株式会社の共同研究から,開発されたものです。

樹状細胞療法とは免疫細胞の一種である樹状細胞に,患者のがん組織または人工的に生成したがん抗原を認識させ,患者の体内にもどすことで,リンパ球ががんを標的とみなし,効率よくがんを攻撃できる免疫療法です。
 

これに,腫瘍に対して放射線を集中できる最先端の強度変調放射線装置(IMRT)を併用することで効果を高め,正常細胞へのダメージを最小限におさえることができるようになりました。

この強度変調放射線装置(IMRT)は,腫瘍の形に合わせ,正確に放射線を照射できるだけでなく,照射角度によって,放射線の強度を変調することにより,正常細胞への影響を極力減らすことに成功しています。

このアイマックスがん治療は化学療法,放射線療法,免疫治療のそれぞれの長所を生かし,現在における最先端の技術を組み合わせた方法ともいえるでしょう。



アイマックスがん治療を行う際には,樹状細胞の培養施設や最新放射線機器などの設備が必要となり,複数の施設が連携して治療をおこないます。

以下に(株)テラとの提携施設へのリンク先を記載しました。希望される方は,それぞれの施設で,アイマックス治療が可能かどうか問い合わせてみるとよいでしょう。


 実施期間問い合わせ                      (株)テラとの提携施設一覧

                                    九段クリニック分院



     
   
 スポンサードリンク
   
 
 
 
 
   
 末期でもあきらめない! 世界が認めた抗ガン漢方薬!
 サンプル無料!

 
 
 Copyright(C)2013 All Rights Reserved